大倉くんと高橋くん 2018.04.21

(会見について触れるメールを読み終えて)


大倉: ありがとうー。いや、ありがたいですね。
いろんな方の、たぶん、思いがあると思うんですけども、まぁあの会見の後のラジオなんでね。何をお話ししていいのかっていうのもあるんですけども。
でも僕的には、これからどうなるのかっていうのはだれにもわからないし…ていうのはもちろん前提にあって。

でも今まで僕たちのグループって何もなかったわけでもなく、もともと、今は7人だけど、もともと8人だったんですよね。で、いろいろあって、内博貴っていうメンバーがいたんですけど、抜けて、7人で活動してて、もともと俺らは戻ってくると思っていてそのポジションを空けてたんだけど、でも、あの……今だから言えるんだけど、そのときに俺らは戻ってくると思ってたんだけど、あいつが復帰するときのライブっていうので、ぜんぜん、『俺らのことっていうのがないんだ…』っていうのをちょっと思っちゃって。
でもそれが別にきっかけというわけじゃないんだけど。やっぱりそのときに、内は一人でやっていくんだな、っていう気持ちがあって。で、7人になったの。
7人は7人でもう結束してたし。っていうのがあってそういう経験もしてるから。
でも、ただ俺らは内のこと忘れたことないし、で、今回すばるくんのことじゃないですか。すばるくんのこともあって。
すばるくんももちろん経験してるからその気持ちももちろん十分わかってた上での、この決断だし。
だから、俺らも、ずっとたぶん一生忘れることないし、たぶん見てる方たちもなんかこう…このあと6人で活動していく上で、すばるくんの影見えたり、っていうのは絶対あると思うしずっとあるかもしれないけれども、
それを、あの…なんだろう。別に消す必要はないし。あの…俺らも、消えたって思うこともないだろうし。あ、ここで歌ってたな…とかいうのはたぶんあって。
ただ、なんか、その、なんかが絶対そのグループやっていく上で事件っていうのは起こるわけだし。これは俺らにとってすごい大きな事件だけれど。


で、スカパラさんとこないだアルバムで無責任ヒーローという曲をスカパラさんとやらさせていただいて、アレンジもしていただいてという中で、スカパラさんもすごいいろいろあったと。29年の間、激動の29年だったと。
で、俺これ、あの、谷中さんが送ってくれて、俺らがやったときに全員でグループメールを組ませていただいて、すごい大人数の15人くらいのグループメールを組ませていただいて。こういうことあった、っていうのを俺らは言えなくて。
でもその、報道で知った上で送ってきてくれた中で、
スカパラさんも、一人脱退だったりという中で、すごく死ぬほど苦しんだと。ただ俺らはいま楽しくやってるから、絶対的に、あの、なんだろう、楽しくやろう!っていう気持ちがあれば、俺らもすばるくんも絶対に楽しい道に行けるはずだからという言葉をいただいて。
なんか、スッと気持ちが楽になったというか。その経験者からの言葉というのが重くて。あ、そうなんだ…って思って。


だから、そうですね…これからっていうところで言うと、まあ、なんか、なんだろうな…すばるくんはすばるくんで、俺は会見のときっていうのもそうだし、それまで、世間に公表するっていう短い期間でしたけど、その間のときに、あの…納得いかない部分だったり、っていうのももちろんあったし。他のメンバーもあったと思うけど。それをやっぱりあんときに、なんか、後から映像を見て、なんか『おれ子供だな…』と思って。『なんだあの会見の態度』とか思ったり…いろいろね。いろいろ思ったりしたけど、でもやっぱり僕は嘘つけないなって思って。でもこれからも嘘つきたくないし。なんかいろんなしがらみがあるけれども、みんなに伝えたいって気持ちっていうのは変わらなくて、だから、それは、関ジャニ∞メンバー全員の気持ちであり、全員が、こう、自分らの口でファンの元に届けたいというか。
…っていうのがああいう形っていうのになったわけで。うん、だから、あのあと、なんか…いろいろ話したところで、なんか、すっきりしたんですよね。これで行くんだ、って。俺らもこれで行くんだし、たぶん、渋谷さんもこれで行くんだ、ってなったから。もうこうなるとそれで行くしかないし、うん…だから、今は、すっきりしたって言うとそれはまぁ言い過ぎかもしれないけれども、なんか…そうですよね。


思い描いた自分の中の夢というものがあるのなら、なんか、なんだろな…俺らが最初にさぁ、夢叶ったりする前に、夢を持ったときにさぁ、いろんな人に反対されたじゃないですか。たぶんあったじゃないですか。(そうね、なかなかね、成功することが難しい世界と言われてますから)言われてるから、親とかもそうだし、身内の人とかもそうだし、っていう人たちが心配してくれる中、いやでも俺はやるんだ!っていう強い意志の人がいて。
で、やっぱりうちの両親も、親父は『夢を貫け』って言ってたし、オカンは『現実を見ろ』って言ってたし、それはすごいバランスであって、でもやっぱり『夢を見ろ』って言ってた親父の言葉が強かったから。まぁだからそういう境遇にいるすばるくんに、今はちょっと、なんか、一人になってさびしい思いもしてるだろうし。孤独な思いもしてるだろうし。彼にそういう思いを持ってほしいな、っていうのはあの…勝手ですけどね? なんか俺が言うのも勝手だし、すばるくんが求めるのも勝手なのかもしれないけど、でも今、時間が経った上で思うことは、そうなのかなと。なんか……いいよ、と。夢持つことはいいんじゃない?っていうことに、結局なんか、思い返して自分の過去とかも。なんかそこに行きついたなーっていうところもあって。
ただ、俺らもこの……すばるくん抜けた6人も、やっぱこれからやっていかないといけないわけで。その上で、絶対に…なんだろう、『すばるくんが抜けたから、あぁ…』って思われるのも嫌やし。それは…ねぇ?メインボーカルっていう中でやってた人だから。そこを俺らも改めて越えていく気持ちでやらないといけないなと思うし。グループとして。
だから、その…7人でやってたっていうグループの形って言うのがこうガチってなってる中で、一人抜けることでこうぼろぼろっとなるところがあるんですけど、でもやっぱ固まる部分もあって。形は崩れてるけれども気持ち的にやらなきゃっていうところでみんなこう、いつもとは違うような感じになってるから、やっぱそこには彼には感謝だし、それはやらなきゃいけないなっていう部分もあるから…
まあその、うーん…後からっていうのは、まあツアーのところでも見ていただきたいところでもあるし。
まあでもこれで、まだ、すぐ終わりじゃないから。まあこのあと、なんか…ねぇ?活動っていうのも、最後までちゃんと見届けていただきたいなというのもあって。


これで何を言えるかな?っていうのもすごい僕も今日考えてたんですけども、でも…なんか、やっぱ気持ちにないところを言って、ていうのもあれだし。絶対心に整理ついてないと思うんです、皆さんが。で、僕も心に整理ついてないのが正直な気持ちだし。でもこの中でどうにか整理をつけていかなくちゃいけないし。で、その中でやっぱ大きいのが、あの人も夢を追っかけてるんだっていうのが自分の中ですごい大きいことで。だから、あの人にも負けないように、今まで俺らのグループ活動っていうのにも負けないように、っていうのはしていかなくちゃいけないなと。いうのは思ってるので。
だからすごいね、かなしい思いをされた方っていうのもいらっしゃると思いますけど、まあ……同じくらい、僕らもさみしいかなしいっていう思いは抱いてますし。まあでもそうっすね、前向きになれたな、っていうのは思うので。
だからなんか、俺らがテレビに出てたら、これからバラエティとかもいろいろあるし、そんな中で、この人こんなこと思ってんじゃないかとかいろいろ…思うことがあるかもしれないけれども、みんなきっと吹っ切れて、楽しもうと思ってやってるので、皆さんも楽しもうというか、楽しもうと思ってるこいつらを見る…というのはおかしいか。だからなんか、自然に見ていただけたらな、っていうのは思いますね。


高橋: …なんか、ね。今の話を聞いて、僕なんかはちょっとほっとする部分があるけどね。なんか…職業として、といったら言い方がわからないけれど、アイドルという職業を大倉くんは全うしているから、すごくやっぱり、いろんな人たちにこう…希望とかね、笑顔とかさ、そういうのを人生かけて一生懸命やろうとしているんだけどそれは絶対そうやってるとは大倉くんは言え…言わないと思うのよ。自分のつらいこととかさ、気持ちの面とかって言うのはさ、ご法度なのかもしれないなっていうのは思う…けど、でも、やっぱ人間だしね。(そうねぇ)大倉くんだって関ジャニのメンバーさんだって人間だし、いろんなこと思ってんじゃないかな?って今日、なんか…もっと考えたら飯食ってるかな?とかさ。寝れてんのかな?とかさ。
なんか、あの…僕も一人の、なんだろ、関ジャニ∞大好きな人間としてね?(ありがとうございます)なんかあのー…リスナーの皆から、なんだろう…リスナーの皆の気持ちを背負うほどのことを僕は言えないから申し訳ないんだけど、でも、今さびしいって気持ちはあるしっていう言葉を大倉くんの口から皆にぼそっと言ってくれることとかが、なんかすごく、安心するっていう気が僕はしたな。よくぞ、なんか、今の大倉くんの気持ちをお話してくれてありがとうって思うけどね。


大倉: いやいや…もうたぶんね、それぞれ、たぶん、あのー…表現の方法が違うと思うんですよ。いろんなところでさぁ、語る上で。だから俺が全員のことを語るのは違うと思うし、俺はこうだっていうのがあるけど、でも、皆同じ気持ちだと思う。なんか、もっと大人にならなな…っていうのは反省したけどいろいろね。


高橋: まぁでも皆で…てなんか別にね、きれいな言葉でまとめるつもりはないけれども、その…大倉くんもそういう気持ちなんであれば、きっと大倉くんを見ている皆も似てる気持ちで今さびしかったりとか、つらい気持ちになってるっていうのは…ねぇ?やっぱしょうがないじゃないですか。応援はするんだけどもちろん。どちらの将来も絶対に応援したいけれどもでもやっぱさびしいって気持ちに嘘つけないんだとしたら…ね?今ラジオの前で聞いてくれてる人と、大倉くんと、差し出がましいようだけれど僕が仲間に入れてもらえるんであれば僕も、皆で、時間かけてでもさ、またなんか、乗り越えて、そのさびしいって気持ちがちょっとでも違う気持ちになっていく瞬間っていうのをずーっと一緒に見ていきたいなって思うけどね。


大倉: ぅわぁーー、もうありがたいですねぇ……
まあでもねー、そういうことしか言えないですけれども僕も。でもこれは…ねぇ、もうどういう言葉を発しようがやっぱりそれぞれのお気持ちがあるだろうし。だから、なんか、楽になることなんてきっとないから。なんかしかも時間が解決することでもないし。うん…だから、なんだろう?これはなかったことにすることにもできないから、このまま、なんか、そのままを抱えて行けばいいのかなじゃないけど、うん……なんか、その、いつも大切な人が、その亡くなってるわけじゃないからすばるくんはさ、だからあの人の歌が別に聞けなくなるわけじゃないし。それはりょーちゃんが言ってたけど。…わけじゃないけど、なんかその、大切な近しい人がさ、いなくなっときとかもさ、その人がもうゼロになるわけじゃなくてさ、ずっとその人が自分の中にいるわけで。なんかその感覚とやっぱ似てて。うん…だからこれからも、そうっすねぇ……もう、頑張るしかないな、っていう。なんか俺らも言葉にできないから、もう、集まったときに、あの…喋って、止まって……うん、なんかがんばろ!みたいな。
なんかでもこういうことで始まったな、っていうことがあったので、僕らも。始まりとしては。なんか、どこ目指していいのかわからんし、目標もどこ定めて目標にしていいのかわからんし。ただ、がんばろうよ、っていうときの、なんか俺、ゼロに戻ったような今気持ちになってるんですよ。そうそれは、たぶん、すばるくんもそうだろうと思うし。一緒だから。こっからは、こう、リスタートというか。ということになってる、っていう思いは一緒なんだなっていうのがあったから。
そうそれは、なんだろうなぁ、いろんな、う~ん……俺もなんか、『勝手な決断したこの人』とかって言っちゃったけど、一緒に応援してほしいなっていう思いが今はすごく強いから。うん…なんか、マイナスな、ネガティブな気持ちはあるかもしれないけれども、なんかいずれぜんぶプラスになればいいなーと思いますよね。


高橋: 見届けて、いきますよ。見届けていきましょうよ、皆でね?


大倉: ということで、まあもう連続なんですけれども…もうなんか、もうずっとこの曲があのーピッタリなんですよ、僕らにとって。っていうことで、また今週もかけさせていただきます。えー、関ジャニ∞でLIFE。


♪LIFE~目の前の向こうへ~